保湿化粧品の選択方法の事をコチラのページで確認していきましょう!まずはお読みくださいね

目のまわりは皮ふが薄いですので、僅かな刺激で乾燥の起こりやすい部分であります。その為、毎日のしっかりとした目もとケアが重要になるポイントであり、それらの対策することにより乾燥しわや黒くま、目元のたるみといった状態を解消する事が出来ます。

ケアするときには、症状に合わせた目元ケアを続けていくことが大事です。美容液も皮膚の状態にあわせた物がお店で色々取り扱いがあるので、肌の悩みに合わせた商品を使用してみるしてくことが肌トラブル解決に効果があると言われています。

目もとの乾燥が悩みのタネというときでは、保湿効果の高いセラミドもしくはヒアルロン酸、コラーゲンなどのモイスチャー成分が入ったものを使うことがお薦めです。保湿成分は肌に水分を蓄える力が高いため、エアコンなどが原因の乾燥に現れる目の周りのちりめんじわに効果抜群です。

肌のくすみが悩みというときですと、美白効果があるヴィタミンC誘導体が効果的です。ヴィタミンC誘導体はコラーゲンの生成を活性化させるため、紫外線もしくは肌へのダメージが原因で体内で生成された活性酸素によって起こるシミや縮緬ジワに効果があり、シワをしっかり治したいという場合にはRetinolという成分が有効だといわれてます。肌への刺激が少なく安定しているレチナールと呼ばれている成分はビタミンAの総称となります。ビタミンAは皮ふに必要な成分で傷んだ細胞を回復させてcollagenやエラスチン、ヒアルロナンを体の中で作りだします。

ただし注意しなければならないのは、vitaminCderivativeやRetinalといった成分は皮ふの丈夫じゃない方が使った場合肌への刺激があらわれる可能性もあります。そのため、皮膚トラブルを避けるように使うために出来るだけ二の腕などにそれらを塗りパッチテストをしてから使い始めることがおススメです。また、目元のケアを行う時にはクレンジングゲル等にも気を遣う必要があります。