例の目元の保水

眼元は肌が体の中で最も薄いので、刺激によって乾燥といったものが起こりやすい箇所なんです。そのため、しっかりとした肌ケアが必要な箇所だとも言え、お手入れを続けていくことによってシワや黒くま、弛みといった状態を解決していく事が出来ます。

お手入れをするときには、悩みに沿った眼元ケアを継続する事が必要不可欠です。美容液も悩みに合ったものが店頭で多く販売されているので、肌の状態に適した化粧品をチョイスすることが肌トラブル解消によいと考えます。

乾燥が悩みなんてときだと、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなんかの美容成分が入ったものを使用することがオススメです。セラミドは肌のバリア機能がとても高いため、室内外の温度差などが原因の乾燥に現れる目のまわりのちりめん皺に効果ばつぐんです。

目の周りのくすみが困る原因の場合には、美白効果であるヴィタミンC誘導体がおすすめです。ビタミンCderivativeはコラーゲンの生成を活発化させる成分なので、日に焼けた際もしくは肌へのダメージが原因で体内で生成したメラニンによって出来たくすみやシワに効き目があり、目元のしわを徹底的に薄くしたいという時にはレチニールエステル入りの美容エッセンスが有効だといわれてます。少ない刺激で安定されているパルミチン酸レチノールと呼ばれている物質はvitaminAの総称です。ビタミンAは肌にとても大事な要素で傷んでしまった肌細胞を回復させてCollagenやElastin、hyaluronanを体内で生成ます。

ただし使用される前に注意したいのが、ビタミンC誘導体やレチノールといった成分は素肌が敏感な方が使用された場合肌負担が出る場合もあります。ですので、肌トラブルにならないように使用前に1度皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをやってから使用していくことが大切となります。また、目元のお手入れをする際にはクレンジング剤等にも気をつけることが大切です。