なんと!目の周りの皮膚の乾燥

眼の周りは皮ふがハンカチほどの薄さしかないので、刺激によってくまといったものが起こりやすい場所です。そのため、毎日の入念な目もとケアが必要な所であるとも言え、肌ケアを続けていくことにより乾燥しわや青クマ、たるみといったトラブルを解決していくことができます。

お手入れする際には、皮膚の状態に適した対策を続けていくことが必要不可欠です。目元専用美容液も悩みに見合ったもの等が多く販売されているので、肌の悩みにフォーカスした商品を購入ことが肌の悩みの改善に有効と考えます。

肌の乾燥が悩みの原因という際では、保湿成分を含んだセラミドもしくは水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の美しさを整えるコラーゲンなんかのエモリエント成分が入っているものがお奨めのケアです。保湿成分は肌のバリア機能が非常に高いため、エアコンなどが原因の乾燥によってできる目もとのちりめんじわにとても効果的です。

目の周りのくすみが悩みとなる場合ですと、美白成分があるビタミンC誘導体がお勧めです。vitaminCderivativeはコラーゲンの合成を活性化する働きがあるものですから、強い紫外線や肌へのダメージなどで体内で生成されたメラニンによって起こったシミやシワに効果があり、しわをキチンと解消していきたいという時にはRetinolが配合されている美容液が有効だと考えられています。肌への刺激が少なく安定して化粧品に使用されているレチニールエステルはvitaminAの総称となります。ビタミンAは体作りにとても大事な成分で傷んだ細胞を再生させてコラーゲンやElastin、hyaluronanを体の中で作りだします。

しかし使用される前に注意したいのが、vitaminC誘導体やレチナールといった成分は皮ふの弱い人が使った場合刺激が強いケースもあります。なので、肌のトラブルをさけるように使用する前には出来るだけ皮膚の柔らかい部分にそれらを塗りパッチテストをやって肌の状態を見ながら使用することが大切となります。また、目もとの美容をする際にはクレンジングなどにも気を配ることがあります。